業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

中古マンションを選ぶポイントを教えてください

今度、別の住まいに移ろうと考えていて、そのために中古マンションの購入を検討しているのですが、調べてみるとたくさんの物件があることが分かり、一体どうやって物件を絞ればいいのか分からずに困っています。
これまでにマンションを購入した経験はなくて、不動産を選ぶ際にどういった点に注目をすればいいのか分からないことが多く、とても悩んでいるので、中古マンションを選ぶ際のポイントについて教えてもらえるとありがたいです。

回答

修繕履歴や建物の様子などに注目しましょう


これから中古マンションを購入したいと考えているならば、物件の状況を調べることがとても大切であり、たとえ同じ築年数の中古マンションといえども、物件ごとに状態には大きな差があることを理解して、できるだけ状態の良い物件を購入しましょう。
まずは建物の周りをチェックしてみて、エントランスや共用廊下、ゴミ置き場といった場所がキレイに清掃されているかどうかを確認することによって、日常的な管理がしっかりと行き届いているのかどうかが分かります。
次に、これまでの修繕履歴について調べてみて、たとえば築年数が20年から30年程度の物件であれば、1回は大規模な修繕を済ませているべきであり、そこで外壁補修や屋上防水などを行っているのであれば、比較的建物は修繕されているといえます。
また、将来的にどのような修繕計画を立てているのかも調べてみて、築30年前後になれば2回目の大規模修繕を行うべきであり、その予定がしっかりと用意されているのであれば、そこに住むようになっても安心できるでしょう。
もし、その物件が新耐震基準のできる前に建てられた物件の場合には、耐震診断や耐震改修を実施しているのかを調べておかないと、ひょっとしたら大きな地震に耐えることができないかもしれないため、その点は注意しましょう。
長期修繕計画書についても確認してみて、そこでは給排水管やエレベーター、貯水槽などの取替や補修の工事が計画の中に入っているのか確認してみて、もし計画に入っていない場合は、そのマンションに住むようになって修繕工事が行われることになるとその費用を用意しなければいけなくなるかもしれないため注意しましょう。
普通は修繕積立金というものを用意しているものですが、それが不足してしまうとマンションの修繕が行われる際に費用を徴収されてしまう可能性があるのです。
以上の点に注意をして、きちんとマンションが維持管理されていることを確認し、さらに間取りや周辺環境といった点にも注目することによって、質の高い物件を見つけられるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク