業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月12日 [FAQ]

不動産のうち中古マンションのメリットはなんですか?

これからマンションを買いたいと思っていて、その際には新築と中古のどちらを買うのか考えなければいけなくて悩んでいるのですが、どちらにもメリットもあればデメリットもあると思うため、決めかねています。
そこで、中古マンションを購入するメリットとしてどういった要素を考えることができるのか教えてください。

回答

物件数が豊富で価格が安いところです


中古マンションの大きなメリットは安いことであり、これから新築の物件を買うよりもお得に買うことができるため、あまりお金を準備することができない人でも安心して購入について検討することができて、住宅ローンを組む場合でも借りるお金を少なくすることができるでしょう。
また、購入した中古マンションを将来手放すことになったとしても、そのときに価格が下落している値は小さなものであり、そのためそれほど損失が大きくなってしまうことはなく、長い目で考えても中古マンションはお得な選択肢といえるのです。
また、中古マンションを購入する際には住宅ローン控除や税金の軽減措置といったものがあり、もし売主が個人であって場合には消費税もかからなくなるため、この点もかなりお得となっており、税金の負担を抑えることができるのです。
新築の場合はまだ建てられていないため、実際の建物を確認することができないケースが多いのですが、中古マンションはすでに建てられており、実際に物件を見学して建物や部屋、間取り、眺望といったものをチェックすることができるため、実際に入居したときの生活をイメージしやすいというメリットもあります。
また、最初の購入価格を抑えることによってお金に余裕が出てくるのですが、その分のお金を用いてリフォームのための費用にあてることも可能であり、これならばリフォームによって自分の希望を叶えることができるため、より暮らしやすいマンションの環境を整えられるでしょう。
すでに入居者がいることがメリットになるケースもあり、コミュニティがしっかりとしていれば、その分住民同士の交流が深くなっており、お互いが監視し合う環境が整っているため、セキュリティ面でも不安がなくなるというメリットがあります。
中古マンションは物件の数が豊富に存在しているため、最寄り駅までの距離や周辺にある施設の数や種類など自分の希望を満たした物件を見つけられる可能性が高くなっており、比較的物件を検討しやすいです。
このように中古マンションにはさまざまなメリットがあるため、興味のある人は中古マンションの購入について真剣に考えてみましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク