業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年07月16日 [FAQ]

不動産の売却を検討しています。不動産の価格について教えてください。

不動産の売却を検討しています。
不動産屋さんに相談したのですが、販売価格を固定資産税評価額を元に試算して提案されました。
一般的には、公示価格で算出するような気がするのですが、どうなのでしょうか?
公示価格の1/3の価格となってしまってるので、私の希望額とは結構離れてしまっています。
もちろん、この価格に妥当性がないと私が言えば、引き上げることは可能なのでしょうが、相場としてその価格であるならば仕方がないと思います。
売れなければ意味がないので、
実際、この評価に関しては正当なのでしょうか?

回答

不動産の価格の評価は4パターン考えられます。


通常、不動産の価格を決める方法は4つあります。
路線価格、取引価格、公示価格、固定資産税評価額の4つです。
今回は、固定資産税評価額で計算されたということなのでしょう。
固定資産税評価額は、3年毎に見直されます。
通常、公示価格の約70%と言われています。
今回は、公示価格の1/3ということなので、計算方法やあなたの認識が間違っているか、もともと評価の低い土地であることが予想されます。
あなたの言う公示価格ですが、これは毎年1月1日時点の、標準値の価格相場を元に算出されます。
これは、毎年国土交通省から公表されるので、取引価格とほぼ変わらない金額が期待できます。
実際には、90%くらいでしょうか。
取引価格とは、実際に不動産売買で取引された価格です。
あなたの隣の土地がいくらで売れたのかなどを調べ、それと同等の価格で取引することです。
これらの金額は、国土交通省の土地総合情報システムで調べることが可能です。
最後に路線価格ですが、これは主要道路に面した土地の評価額であり、毎年8月ごろに国税庁から公表されます。
公示価格の80%程度と言われており、相続税の計算などに利用します。
土地の評価に関しては、その不動産業者の方針があるので一概にはなんとも言えません。
しかし、公示価格の1/3というのは安すぎます。
別の業者さんにも聞いて、再度評価してもらう方が安全ではないでしょうか。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク