業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年09月18日 [FAQ]

不動産の価値が下落する理由とは?

もともと資産家の祖父が残した不動産を、父を含む兄弟3人で相続して、相続税を支払うために売却した土地もあったようですが、父が相続しただけでも東京郊外に土地が2つと、マンション一棟と、現在の家がありました。
マンションはもうかなり古くなっていますが、それでも常時7割程度は埋まっていて、十分な収入源となっています。
この度闘病生活を続けていた父が亡くなり、私と弟で遺産を相続することになり、遺産分割の話し合いをしている最中です。
それなりの税金を納めなければいけませんし、ちょうど良く遺産を分けるために、収入源になっていない土地を売却しようと思って不動産会社に価値を算出してもらうと、自分たちが試算していたよりもかなり低い金額が出てきました。
理由を尋ねると、土地が広すぎる上に地盤も良くなくて、さらに1つは傾斜地であることから、そのままでは買い手を見つけることは難しいということでした。
高く売るには、地盤を改良していくつかに分けないと難しいということでしたが、そうなると開発費もかかり、土地の広さも狭くなるということです。
その他にも、不動産の価値を下げる要因になるものがあれば教えて欲しいです。


回答

立地や利便性や老朽化などが不動産の価値を下落させます。


土地だけの場合は、立地の悪さとそれが利用しにくいことが、値段を下げる要因になります。
土地が広いと、一般住宅には向かないため、坪単価はどうしても下がってしまいます。
ただし、その土地を欲しい人の利用目的に合っているなら、値段を下げて売る必要もないので、時間かけて買い手を探すことも、土地を高く売る1つの方法です。
周りに高さのある建物ができたり、事件や事故が発生することも、不動産の価値を下げる原因になります。
デフレが進んで景気が悪くなると、全体的に土地の価格も下がってしまいます。
マンションをお持ちということですが、建物の老朽化も当然その価値を下げる要因となります。
ただし、最近では古い建物をリノベーションする方も増えていて、構造体がしっかりしている場合は、今後もそこから利益を生み出せる可能性は十分にあります。
賃貸マンションで空き部屋があるなら、そこからリノベーションやリフォームをはじめていけば、計画的に利益をあげられるかもしれません。
ただし、構造体に問題がある場合は、価値が下がる前に手放した方がいいでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク