業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年10月23日 [FAQ]

不動産会社によって家賃や敷金や礼金が異なる理由は?

大学卒業と同時に一人暮らしをはじめて、もうすぐ4年になります。
現在のマンションは、当時付き合っていた彼女と一緒に探して、結婚したら引っ越しするつもりでいたのですが、彼女とはそれから1年半ぐらいで別れてしまい、当然のごとく結婚の予定もなくなりました。
マンションの更新期間は2年だったので、最初の更新の時は更新料を支払って住み続けてきましたが、最近新しい彼女ができて、その彼女とはまだ結婚の話は出ていませんでしたが、元カノと一緒に探した部屋に住み続けているのも違う気がして、マンションの更新日も近づいているので、他のマンションに引っ越しすることに決めました。
引っ越しすることを彼女に伝えると、その理由をしつこく聞かれましたが、本当のことは言わない方がいいと思って適当に誤魔化していると、流れで結婚に向けて同棲しようという話になり、結婚後もしばらく暮らせる部屋を探しています。
まだ多少時間はありますが、引っ越しの準備も必要なので、急ぎで回答が欲しいです。
インターネットで部屋探しをしていると、サイトや不動産会社によって家賃や敷金や礼金が異なる物件を複数見つけたのですが、そのような現象が起こる理由について教えてください。


回答

記載ミスや連絡ミスも考えられます。


不動産会社によって、同じマンションの同じ部屋の家賃が異なることはそれほど多くはありませんが、敷金や礼金が異なるケースはそんなに珍しくありません。
当然本当に同じ物件なら、安い方を選んだ方がお得で、特に家賃が安い場合は長く住むほどお得になるので、複数の不動産会社から情報を集めることをおすすめします。
家賃や敷金や礼金に違いが生じる1つの理由としては、単純に記載ミスや連絡ミスが考えられます。
多くの物件を取り扱っている不動産会社なら、特にこのような間違いが起こりやすく、昨日は家賃が10万円だったのに、今日は15万円になっていることも珍しくありません。
なかなか入居者が見つからなくて、部屋のオーナーが家賃を下げたのに、上手く連絡が伝わっていない場合もありますので、必ず不動産会社に問い合わせて、本当にその金額でいいかを確認しましょう。
その他には、複数の不動産会社が取り扱いしている物件でも、単独で直接オーナーと交渉している場合は、他の不動産会社よりも家賃や礼金や敷金の金額が低くなる場合もあります。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク