業者選びに役に立つ不動産に関連した業者をご紹介します。

不動産会社コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年02月18日 [FAQ]

不動産を売却する際の正しい不動産業者選びの方法は?

以前から定年後は物価が安く自然豊かな田舎に戻って夫婦二人でゆっくり余生を過ごそうと考えていて、いよいよそのときがあと少しのとこまで迫ってきたので、昨年末から準備にとりかかった次第です。
もちろん定年を迎えると時間はたっぷりあるし、引越しを急ぐ必要もないので、焦って家を手放す必要はありませんが、東京オリンピックが終わると、不動産の価値が全体的に探す懸念もあるので、今のうちから家を売りに出そうと思っています。
自分で買い手を見つけることはできないので、不動産会社のお世話にならなければいけないのですが、そうなると売却を依頼する会社によって、価格も異なってくると思うので、信頼できることはもちろんですが、できるだけ高く家を売ってくれる業者に任せたいと思っています。
そこで質問ですが、家に特化してもいいので、不動産を売却する際の正しい業者選びの方法を教えてください。


回答

囲い込みを迫ってくるような業者には注意が必要です。


家をできるだけ高く売りたいなら、やはり売却力のある業者を見つけなければいけません。
それなら大手不動産会社の方がいいのでは?と考える方も多いようですが、実は不動産業界では、業者によって扱う不動産情報に大きな差はなく、会社の規模よりも購入希望者をより多く見つけられる仕組みなどのノウハウや、確かな売却実績をもっている業者をもっている業者を探すことが必要となります。
不動産会社には、賃貸業、管理業などを専門にしているところも多いわけですが、家を売るなら、売却業を専門にしている業者に絞って情報を集めましょう。
売却を専門にしている業者の方が、専門知識や情報を多く抱えているため、スムーズに取引を進めてくれる可能性が高く、高額売却をしてもらえる期待度も高まります。
売却を専門にしていても、土地を得意にしている会社もあるので、一軒家を数多く取り扱っている業者を選択することをおすすめします。
不動産会社の中には、専属専任媒介契約や、専任媒介契約を結んで囲い込みをしてくるところもあり、そうなると他社には家の売却が依頼できなくなってしまうので、無理やりそのような契約をさせようとしてくるような業者とは、取引をしない方がいいでしょう。
不動産会社に家の売却を依頼した場合は、仲介手数料も必要になりますので、手数料の金額も事前に確認することを忘れず行いましょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク